スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師が開発した人成長ホルモン分泌促進サプリメントHGH-21Program
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボディビル(ボディービルディングBodybuilding)について 

ボディビル(ボディービルディングBodybuilding)について


アメリカではまあまあ認識されているのですが、他の国では一部の変な人?が行うスポーツ?と思われているようで、少し悲しいです。

ドリアンもインタビューの中で言っていた様にイギリスでもあまり認識されていないスポーツのようです。

アメリカではまあまあ認知されているとはいえ、まだまだじゃないのかな?

アーノルドが広めてくれましたけどね。

この下のところに百科事典より記事を引用しておきましたが、自分の知っているビルダーが薬物による副作用で苦しんでいるのを知るのは心苦しいですね。

やっぱりプロと薬物は切り離せないのかな。

人気blogランキング
筋トレ・フィットネス←もっと知りたい? 以下百科事典を引用します。

「ボディビル(ボディービルディング、英語:Bodybuilding)は筋肉繊維をウェイトトレーニング、カロリーの摂取そして休養のコンビネーションによって発達させる過程のことである。活動に従事しているものをボディビルダーと呼ぶ。スポーツとしてボディビル競技会(コンテスト)と呼ばれ、ボディビルダーたちは彼らの肉体(physiques)をパネル、ジャッジに披露し、ジャッジは審美的造型に基づいて得点をつける。審美的に、というのは、胸回りが何センチあるか、と言った尺度ではなく、全体的にどういう形を作ってきたか、で審判するという意味である。

最も有名なボディビルダーはアーノルド・シュワルツェネッガーであろう。ボディービルダーとして成功を収めた後、ハリウッドで映画俳優として活躍し始めた。彼の俳優としてのキャリアは、ボディビルドキュメンタリーフィルム「パンピング・アイアン」によって増進された。他にボディービルダーとして、映画の舞台に立った者としては、ルー・フェリーノ(Lou Ferrigno)がいる。1980年代のテレビドラマシリーズ「超人ハルク」の役を獲得した。」

あまり多くのビルダーが世の中には出てきていませんね。
アーノルドだけが例外なのですね。



「歴史

アスレチックスポーツとしてのボディビルは11世紀のインドにまで遡ることができる。そこではアスリート達が「ナル」と呼ばれる木の棒の外側に石をくくりつけたダンベルを使用していた。この時代に、ジムのようなものも作られていたという証拠にもなろう。


草創期

ボディビルは19世紀末まで、本当の市民権を得ていなかった。「近代ボディビルの父」としばしば評されるドイツ(当時プロシア)出身のユルゲン・サンドウ(ユージン・サンドウとも)によって競技が推進された時代までである。

彼を有名にしているのは、最初に運動器具(マシンド・ダンベル、スプリング・プーリー、テンション・バンド)を発明・販売したとされているからである。

1901年9月14日にサンドウは初めて、ボディビルコンテストを組織した。 そのコンテストは「グレートコンペティション」と呼ばれ、英国、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催された。チャールズ・ロウズ卿とアーサー・コナン・ドイル卿によって審判された。コンテストは大成功を収め、 勝利者へのトロフィーは彫刻家フレデリック・ポメロイによるサンドウ自身のブロンズの彫刻である。これは1977年からミスターオリンピアの優勝者に贈呈されてきている。 20世紀初頭、ベルナール・マックファッデンとチャールズ・アトラスがボディビルの普及の推進を継続した。


黄金時代

シンメトリーやディフィニションより、サイズの大きさが優先されて評価されるようになるにつれ、1940年から1970年は懐かしむように、ボディビルの「黄金時代」と言及される。このときの間トレーニングのテクニックが発達したし、より多くの刊行物が出版され、より多くのコンテストが開催された。この時代のボディビルは、米国カリフォルニア州のサンタ・モニカのマッスル・ビーチで、特に盛んであった。 人気が高まるにつれ、アマチュア・アスレチック・ユニオン(AAU)が1939年にボディビル競技会を既存のウェイトリフティングに加え、翌年にはこの競技会AAUミスター・アメリカと命名した。 1940年代半ばを通じて最もたくさんのボディビルダー達がAAUによって憤慨させられた。AAUはアマチュア競技者のみを許可し、ウェイトリフティングのオリンピックに一層の焦点を置いたからである。これをきっかけに、ベンとジョン・ウィーダー兄弟が国際ボディビル連盟(IFBB)を発足させるに至った。 1950年にはもう一つの組織、全米アマチュアボディビルディング協会 (NABBA) が「NABBA Mr.ユニバースコンテスト」英国でスタートさせた。もう一つの有名なコンテスト ミスター・オリンピアの第1回は1965年に開催された。現在ではミスター・オリンピアはボディビル界でもっとも栄誉あるタイトルになっている。 当初はそのコンテストは男性限定であったが、1965年にNABBAはMissユニバースをコンテストに加え、1980年にはMissオリンピアが創設された。


1970年代以後

1970年代までに、ボディビルは、アーノルド・シュワルツェネッガーと1977年の映画「パンピング・アイアン」のおかげで大きな市民権を有した。このときまでにIFBBはスポーツを支配し、AAUはその後塵を拝した。 この時期はまたアナボリック・ステロイドの発展がボディビルと他のスポーツの両方に見られた。 これと戦うために、国際オリンピック委員会のメンバーに認めてもらうために、IFBBは数種のステロイドと他の禁止薬物に対して、厳格なドーピング検査を導入した。 2000年代初頭、IFBBはボディビルのオリンピック競技化を試みている。2000年にfull IOC membershipを獲得し、(オリンピックの正式種目として採用される可能性のある)公開競技としての開催が試みられた。 実際のコンテストでは運動競技の様な「記録」が無い事から、ボディビルはスポーツではないという意見がある一方、支持者はポージング・ルーチンには技能と準備が必要だと主張しており、依然として論争の的になっている。

This did not happen, and since it never had a demonstration sport in the IOC, there is no chance that bodybuilding will now become an Olympic event. ボディビルがオリンピック競技になる機会は与えられなかった。

2003年、ジョー・ウィダーはウィダー出版をAMI(American Media Inc.)に譲渡した。 ベン・ウィダーは現在もIFBBの会長の座に留まっている。 2004年、プロ部門を統括していたウェイン・デミリアがIFBBを離れ、AMIがMr.オリンピア・コンテストのプロモーションを引き継いだ。


ボディビルと薬物

ボディビルディングと薬物とのかかわりは古く、他のスポーツに先駆けて既に40年以上前の時点で薬物の洗礼を受けたと言われる。結果として、ボディビルを良く知らない者が筋肉隆々のボディービルダーを見ると、その発達した肉体に驚嘆しつつも、ボディービルダーは誰も彼もが『薬物を使用(ドーピング)してる』という誤ったイメージを持つようになってしまった。具体的に「薬物」が何を指すのか、どこで手に入るのか、どういった類のものなのか、ということを知らないまま、薬物の使用に対して悪く言う人も少なくない。極端な例を挙げるなら、ボディビルダーがよく摂取する単なる栄養補助食品(サプリメント)にすぎないプロテインの粉末やアミノ酸の錠剤等を、薬物と混同してしまっている者もかなり存在する。

現代では、ボディービルダーの『二極分化』が進んでいると言われ、一方では何の制限も無く薬物を使用し怪物のような肉体を作り上げ、その異常なまでに発達した筋肉で人々の注目を集めるタイプのボディービルダー(IFBBミスターオリンピア等)が存在し、もう一方ではいっさい薬物を使用する事無く、自然なサプリメント摂取と地道なトレーニングを積み重ね、ナチュラルである事にこだわり続けるタイプのボディビルダーが存在する。後者を『ナチュラルビルダー』と呼ぶ事もある。

通常、この両者は同じコンテストに出場する事は無く、各々に専用のコンテストが存在し「住み分け」がなされている。ナチュラルビルダーが出場するコンテストにおいては、一般的に(ナチュラルである事を標榜していても、ローカルなコンテストでは、予算の関係で検査ができない事もある)厳重な薬物検査が実施され、違反者は即失格となる。中には、薬物を使用していながら、使用していないと偽ってナチュラルビルダーのコンテスト(筋肉の大きさだけを問うのであれば、ナチュラルの方がレベルが低い)に出場する者もいるため、検査項目にポリグラフ(嘘発見器)を使用しているコンテストもある。

薬物使用ビルダーが、薬物大量摂取による後遺症で健康を損ねたり、あるいはそれが原因で死亡する事が問題となり、それまで公然の秘密とされていたボディビルの薬物汚染に批判が集まり、検査が実施されるに至った。しかし、コンテストにおけるボディビルダーを「健康美」の対象としてではなく、「見世物」と考える観客も多く、そういった人々は怪物のような肉体を見る事のみを望み、ボディビルダーの健康には関心が無かった。入賞者に賞金の出る「プロボディビルダー」の大会では、興行のためにそういった観客の「需要」を無視する事ができず、薬物検査をせず、暗に薬物使用を認める事になった。一旦は薬物検査を実施しておきながら、その結果コンテストが不人気となってしまい、慌てて薬物検査を取りやめたプロの大会も存在する。

以前までは、『薬物使用可=プロのコンテスト』『薬物使用不可=アマチュアのコンテスト』という公式があったが、薬物検査を欺く技術が発達したため、現在ではアマチュアコンテスト出場者であってもナチュラルビルダーとは言えず、単に『プロライセンスを持たない者のコンテスト』という意味になりつつある。また、最近の健康志向の風潮からナチュラルビルダーに対する評価が上がり、『プロのナチュラルビルダー』というカテゴリーも存在するようになった。

薬物使用(ドーピング)を如何ほどまで許容すべきか、と言う論争は、ボディービルディングに限らず、多くの競技スポーツの間で共通して見受けられる問題である。多少は許容すべきという意見があれば、一切廃すべきという意見もあり、難しい問題として残る。

また、薬物を使えば、誰でも簡単に筋骨隆々になれるというわけではない。薬物を使用しようがしまいが、ハードなトレーニングを実施しない限り筋肉は発達しない。


薬物使用者の告白

IFBBに出場経験のあるビルダーが告白した内容は衝撃的であった。 山盛りの成長ホルモンに山盛りのステロイド。 信じられないほどたくさんの経口薬と注射薬を毎日使用しているとのことである。 下記はあるアマチュアボディビルダーの使用例である。 このボディビルダーはプロの世界では大成することはなく引退したのだが、『もしかすると、プロの世界ではこの程度の薬物ではどうにもならなかったのかもしれない。』と発言している。


【オフシーズン】

デポテストステロン 600mg 1日おき

プロホルモン 300mg 1日おき

ダイアナボール 10 毎日

クレンブテロール 10~20 毎日

メリージェーン(マスキング物質:薬物使用の痕跡を体内から消す作用があるといわれる薬物) 30g 毎週


【コンテスト6週間前】

パラボラン+プリモデポ 1日おき

プロホルモン 3cc 1日おき

ハロテスティン 50mg

ファスティン 毎日

クレンブテロール 20~25 毎日

ペルコダン 必要に応じて

メリージェーン 30g 毎週


薬物の副作用

内臓肥大(特にここ10年内は、薬物の影響で内臓肥大が進行し、腹部が極端に隆起肥大しているトップビルダーも珍しくなくなった。あまりにも酷いのでIFBBは内臓肥大による腹部の隆起を減点対象とする採点法に変更した。)

頭髪の脱毛(個人差がある)

体毛が濃くなる

変声(低音化)

女性化乳房(通常ノルバデックスにて防止する)

睾丸の縮小、異化

動脈硬化

高血圧

ある種の癌(アナボリックステロイドと白血病の因果関係は事例では相当数に上る)


死亡、重症例

ポール・デマヨ(死亡)

アンドレアス・ミュンツァー(腹部大動脈破裂により死亡)

モハメド・ベナジザ(利尿剤が原因と見られ、心不全にてコンテスト直後死亡)

デニス・ニューマン(白血病)

マッスル・北村(過度の減量の影響による心不全により死亡)

フレックス・ウィラー(過去の薬物使用過多が原因でホルモンが体内生成されず、外部に頼らざるを得ない状況)

マイク・メンツァー / レイ・メンツァー(兄弟)(死亡)

ドン・ロング(内臓疾患により引退)



医師が開発した人成長ホルモン分泌促進サプリメントHGH-21Program
[ 2006/10/18 00:49 ] トレーニング関連 | TB(0) | CM(32)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/05 08:10 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/06 00:55 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/06 15:30 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/06 16:22 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/06 17:15 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/06 21:16 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/06 23:39 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/07 05:20 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/07 06:09 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/13 04:33 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/13 05:28 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/13 06:25 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/13 12:54 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/13 12:55 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/13 12:55 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/14 03:35 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/14 04:18 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/14 04:54 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/14 05:36 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/14 06:23 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/16 10:25 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/16 11:03 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/16 11:38 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/16 12:13 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/16 12:55 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/17 22:19 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/19 09:42 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/19 10:21 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/19 10:54 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/19 11:28 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/19 12:02 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/01/23 12:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sudokozo.blog79.fc2.com/tb.php/49-af0513bb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。